寝ても覚めてもシーサーのことばかり気になっている

我が家の守り神として、ドア先にシーサーを置きたいとしてから数日が経ちました。
通常、シーサーばかりを検索して探している。
シーサーと言っても心から色々あり、正面を見て座っているシーサー、表情は正面を向き体調が横向きで座っているシーサー、
表情は正面を向き体調が横向きでおけつを上げているシーサー、片手を上げているシーサーなど、
仮面だけで必ずや多くの種目がありました。
二度と、表情も何かとあり悩んでいる。
ちょっぴり凄まじく思えるシーサーや手厚く笑って掛かるシーサー、その二つの中央くらいの面持のシーサーなど、
悩んでしまって決まりません。
また、レンガの色調と似ていると思った素焼きのシーサー、輝きがあり高級感のある琉球焼きのシーサーなど、
シーサーが欲しいとしてからの数日間、おかしくなりそうなほどシーサーばかりを見ている。
そこでまず落ち着こうといった、シーサーを置きたいと思っているドア以後を外に出て眺めてみました。
すると、数日間見たシーサーの中でピンときたものが浮かびました。
正面を見て座っているレンガ色調の素焼きシーサーでした。
面持は怖すぎず可愛らしすぎず、ぴったり守り神という風情のシーサーだ。
牡のシーサーは口を開けて好運を引き込み、口を閉じた牝は舞い込んです幸せを逃がさない。
逆説もあるようですが、こういった意味が秘められて要る守り神のシーサー。
我家に届くのが楽しみです。脱毛ラボ 6ヶ月無料

寝ても覚めてもシーサーのことばかり気になっている

自転車の雰囲気が抜き出せる。幼子のイタズラかと思ったら…

今日、自転車のタイヤのエアが直ぐ抜けちゃうんですよ。
乗る時に「あーまた抜けてるや」として入れて出掛ける。その日はまったく大丈夫なんですけど、1週ぐらいしてまた乗ろうとするとぺっちゃんこ。
おかしいですよね…
自転車屋にとって行ってもチューブは安心だっていうし、これははからずも近所のガキ両者がイタズラしてるのか!?と終始疑っておりました。
どうしてくれようか、運営カメラを企てる?それとも自転車に処理を施して触ったら電流が流れるようにもしてやろうか(笑)
阿呆みたいですがとっても真剣に考えました(笑)

但しある時、再度ぺっちゃんこになったタイヤにエアを入れようからには…
ん、エアを含める金具の、元のボルトがなんかグラグラする…
もしかしてとして、そこを締めてみたんです。
そうすると…
次の日から、余程エアが抜けなくなりました(笑)
アチャー…

自転車屋氏も見抜けなかったのでアレですが(否、ひょっとして自転車屋もヤブだったのか?)
むやみに奴を疑うのは良くないなあと思った案件でした。
皆さんもお気をつけて〜ミュゼ 鼻下脱毛

自転車の雰囲気が抜き出せる。幼子のイタズラかと思ったら…

眠れない状況で、年老いて行く人体への問題増

ただ今日の時間は朝方の0季節27食い分こういうチャンスでは、依然、睡魔は襲ってきません。上2から3チャンスあとくらいに同時に襲ってくる。のち、朝方の11季節内まで眠ります。外からのお天道様を遮断する、雨戸を閉め忘れて、眠った場合には、朝方5季節過ぎ内には目が冷めてしまう。
 ただ、目が覚めてからそこから眠れるかというと、明かりが入ってきているという状況は変わらないので、確実に眠ることは難しいでしょう。そんなになってしまった場合には、昼寝で対応するしか弱い感じです。
 昼寝は10食い分から20食い分くらいがちょうどいいみたいではあるのですが、私の状況それだけではゴメン。確実に1チャンスから2時間はドッサリ眠ってしまう。ただ、その生涯でも実態を殆ど崩すことが無いというのが不可思議でたまりません。これからもそんな生涯を続けていくのだろうとふわり思ったりしています。
 ただ、年老いて行く体調への担当は計り知れないと思われます。ミュゼ 100円 いつまで

眠れない状況で、年老いて行く人体への問題増

10クラスぶりに行った江ノ島で島周りを頂きました

10階層ぶりに江ノ島に行きました。今までは自動車を使ってモータープールに駐めていたのですが、今度は江ノ電で心がけることにしました。ターミナルから数分歩いて浮き出る江ノ島は、真にモンサンミッシェルのみたいでした。その日はかなりそよ風が強くて、江ノ島に通う橋の上では飛び交う砂に苦戦しながら、壮大な見晴らしを眺めていました。トレンドもある程度荒くてコワイような思いがしましたが、いよいよ島にたどり着くと竜宮城のような感想が味わえます。昔の物覚えとは違って、思わず新しい建屋が何かとできていました。江ノ島では仲店でアイス通り掛けを食べたり、たこせんべいを横目で見たりしながら段階を上って神社に行きました。それからまたずっと段階を登り、深層の洞窟を目指して駆けましたが、行程のつらさにひいひい言いながら歩いていました。途中で人懐こい猫を総和匹見かけたりして和みつつ、荒々しい段階を抜けてたどり着いた洞窟は心から楽しかっただ。ここの岩肌に叩き付けるトレンドはすごいて、浪花も見られました。ミュゼ ひげ

10クラスぶりに行った江ノ島で島周りを頂きました